MENU

自費診療

自費診療|埼玉県蕨市の内科・リウマチ科・アレルギー科|しょう内科クリニック

自費診療

Self-pay care

白玉点滴

グルタチオン+ビタミンCの点滴です。グルタチオンはアミノ酸が結合したペプチドです。抗酸化作用による老化防止、美白効果が期待できます。肝臓の機能の促進効果があり、二日酔いにもおすすめです。週1回の継続がおすすめです。

料金

  • 白玉1つ (グルタチオン600mg+ビタミンC)

    ※所要時間約15分
    点滴費用 2,000円(税込)

  • 白玉2つ (グルタチオン1200mg+ビタミンC)

    ※所要時間約30分
    点滴費用 3,600円(税込)

  • 白玉3つ (グルタチオン1800mg+ビタミンC)

    ※所要時間約30分
    点滴費用 4,800円(税込)

※白玉点滴の安全性について

副作用が非常に少なく、安全性が高い点滴です。稀にアナフィラキシー、発疹・そう痒、悪心、頭痛などが起こることがあります。

にんにく点滴(ビタミンB1)・マルチビタミン点滴

にんにく注射は、疲労回復、疲れやだるさ、倦怠感の回復に即効性を求める方、肌荒れでお困りの女性にもお勧めです。主成分は、疲労回復に効果を発揮するビタミンB1で、にんにく独特のにおい成分であるアリシンと結合することで吸収が良くなっています。当院ではビタミンB1としてフルスルチアミンをご用意しています。にんにくの匂いが苦手な方は、総合ビタミン剤を配合した点滴メニューもご用意しております。疲れた時にお気軽にご相談ください。

料金

  • にんにく点滴(フルスルチアミン50mg配合)

    ※所要時間約15分
    点滴費用 1,000円(税込)

  • にんにく+マルチビタミン点滴

    (にんにく注射にビタミンC、さらにビタミンB群強化!少し疲れた時に・・・)
    ※所要時間約15分
    点滴費用 1,200円(税込)

  • ダブルにんにく+マルチビタミン点滴

    (フルスルチアミン100mgに増量し、マルチビタミン配合!たまった疲れにどうぞ)
    ※所要時間約15分
    点滴費用 1,500円(税込)

  • マルチビタミン点滴

    (にんにくが苦手な方へ。ビタミンCとビタミンB群配合の点滴です。)
    ※所要時間約15分
    点滴費用 1,000円(税込)

  • 酔い覚まし点滴

    (マルチビタミンに肝臓の代謝を上げる成分を配合)
    ※所要時間約15分
    点滴費用 1,500円(税込)

※にんにく・ビタミン点滴の安全性について

副作用は非常に少なく、安全性が高い点滴です。稀に発疹・そう痒、悪心、頭痛、点滴部位の痛みなどが出ることがあります。

マイヤーズカクテル点滴

特別に疲れたときに・・・

ビタミンB1、B3、B5、B6、B12、たっぷりのビタミンC(4000mg)に加えて、カルシウム、マグネシウムといったミネラルを配合した、特別な点滴です。気管⽀喘息、頭痛、線維筋痛症、慢性疲労症候群、抑うつなどへの効果も期待できます。
白玉点滴の主成分、グルタチオンのトッピングも可能です。

料金

  • マイヤーズカクテル点滴

    ※所要時間20分
    点滴費用 6,600円(税込)

・グルタチオン追加料金
600mg-1,200円、1200mg-2,400円、1800mg-3,600円

※マイヤーズカクテル点滴の安全性について

ビタミンとミネラルが主成分の安全性の高い点滴です。
点滴部位の痛み、稀にアレルギー反応が起こることがあります。

プラセンタ注射

ヒトの胎盤から抽出した成分の注射です。プラセンタは女性に必要な様々な栄養素が含まれており、キレイでいたい方におすすめです。筋肉内注射で時間はかかりません。痛みが少ないよう、細い針を使用しています。週1〜2回の継続がおすすめです。

料金

  • ラエンネック シングル

    注射費用 1,000円(税込)

  • ラエンネック ダブル

    注射費用 1,800円(税込)

  • ラエンネック トリプル

    注射費用 2,500円(税込)

※安全性について

副作用は非常に少なく、基本的には安全な注射です。使用するプラセンタは、医薬品として認可されています。厳密に胎盤が選定され、無毒化する処置と検査がされております。1974年から今までにHIV、B型肝炎、C型肝炎などの感染症の報告はありません。ただ、理論上は感染症の伝播の可能性が完全には否定できないため、プラセンタ注射をした方は献血ができません。ヒト組織由来のタンパク質やアミノ酸を含むため、稀に過敏反応が起こることがあります。また注射部位の疼痛や硬結が起こることがあります。

ゼオスキンヘルス

ゼオスキンヘルス

当院ではゼオスキンヘルスの商品を取り扱っています。
ゼオスキンヘルスは皮膚の一部のケアや改善ではなく、肌全体を真に美しく健康に導くための化粧品です。成分や目的が市販の製品とは異なります。正しい知識の下でご使用いただくため、医療機関でしか取り扱っていません。

ゼオスキンヘルスの基本的な考え方は皮脂のコントロールにあります。洗顔や化粧水で皮脂をコントロールするだけでも、肌質の改善が期待できます。

ゼオスキンの最大の特徴は、ビタミンAハイドロキノンを併せて使用するところにあります。ビタミンAは「レチノール」や「トレチノイン」が代表的な成分で、肌のターンオーバーを上げて、古い角質を排出する効果があります。他にも、たるみを改善皮脂を抑制紫外線のダメージからお肌を守ってくれます。ハイドロキノンは美白剤で、シミの元になるメラニンを強力に抑えます。シミ・くすみソバカス肝斑小ジワやたるみの改善が期待できます。ビタミンAの強さは種類も目的に応じて選択でき、またノンハイドロキノンの美白剤もラインアップされています。ニキビ、酒さ(顔の赤み)などでお悩みの方は、炎症や皮脂を抑える高濃度ビタミンC配合の美容液で改善が見込めます。

このように、様々な肌の状態に合わせて治療できるのもゼオスキンの魅力です。現状のお肌の状態に合わせて、キメが整った、透き通るような綺麗な肌を目指します。

ゼオスキンは効果が高い反面、肌の赤み、乾燥や皮剥けなどを伴うことがあります。このためクリニックでのカウンセリングが必要です。お肌の悩みに応じた商品と使い方をご提案します。お気軽にご相談ください。

シナール・トランサミン内服

美白効果のある内服です。メラニンの生成を抑制する作用、炎症を抑える作用などがあります。肌荒れ、皮膚の色素沈着(シミ)、そばかす、肝斑の改善に効果的です。

料金

  • シナール錠(食後に1錠ずつ、1日3回内服)

    100錠 1,200円(税込)

  • トランサミン錠(食後に1錠ずつ、1日3回内服)

    100錠 1,500円(税込)

※シナール・トランサミンの安全性について

2剤とも副作用が非常に少なく、安全な内服薬です。シナールは稀に悪心・下痢などの胃腸症状が起きることがあります。トランサミンは、稀に発疹・そう痒、悪心などが出現することがあります。トランサミンには止血作用があるため、脳梗塞や心筋梗塞の既往のある方は内服できない場合があります。

ハイチオール(L-システイン)内服

L-システインはアミノ酸の1種です。メラニンの生成を抑える働きと、肌の新陳代謝を促進してメラニンを体外へ排出する働きがあります。

料金

  • ハイチオール錠(食後に1錠ずつ、1日3回内服)

    100錠 1,000円(税込)

※ハイチオールの安全性について

体内で栄養素として利用されるアミノ酸であり、基本的には安全な内服薬です。
まれに悪心、下痢、腹痛、口渇などが起きることがあります。

ビオチン内服

ビオチンはビタミンHとも呼ばれ、皮膚や髪の毛、爪の健康維持に深く関わっています。

料金

  • ビオチン顆粒0.2% 0.5g/1包(1回1包、1日2回内服)

    105包 1,000円(税込)

※ビオチンの安全性について

注意すべき副作用は特になく、安全な内服薬です。水溶性のビタミンで、過剰摂取の心配もありません。

AGA(男性型脱毛症)

AGA(エージーエー)とは

AGA(エージーエー)は、男性に最も多く見られる脱毛症で「男性型脱毛症」の略です。AGAはほかの脱毛症と異なり、思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪がどちらか一方、または双方からうすくなり進行していくのが特徴です。下記の図のように毛髪の成長サイクルが乱れることで、抜け毛や細くて短い髪の毛が多くなり、全体としてうす毛が目立つようになります。
またAGAは何もしないでいると徐々に進行していきます。

毛髪の成長サイクル

原因

男性ホルモンであるジヒドロテストステロンと遺伝が主たる原因と言われています。

治療方法

ジヒドロテストステロンを抑える内服薬としてフィナステリド(先発品名:プロペシア)やデュタステリド(先発品名:ザガーロ)があります。毛髪の成長サイクルは長いため、薬を飲み始めて効果を実感するのには時間が必要です。これから成長してくる毛髪を育てていくイメージで取り組みましょう。少なくとも6ヶ月は効果を見ていきましょう。煙草を吸っている方は、頭皮への血流を改善するために禁煙をお勧めします。

副作用・注意事項

  • フィナステリドやデュタステリドの副作用としては、性欲減退や勃起障害、頻度は低いながら精子の減少が起こることがあります。これから妊活をする予定の方はフィナステリド、デュタステリドの治療は避けましょう。
  • 肝臓に負担をかけることがありますので、薬を飲み始める前と飲み始めて3ヶ月後に採血検査を行います。
  • フィナステリドを内服中及び中止後1ヶ月、デュタステリド内服中及び中止後6ヶ月は献血できません(輸血を受ける妊婦さんの胎児に影響が出る可能性があるためです)。
  • 女性の方は服用できません。
  • 未成年の方は服用できません。

料金

  • フィナステリド

    フィナステリド1mg 5,500円(28日分、税込)

  • デュタステリド

    デュタステリド0.5mg 8,800円(30日分、税込)