MENU

アレルギー科

アレルギー科|埼玉県蕨市の内科・リウマチ科・アレルギー科|しょう内科クリニック

アレルギー科

Allergy

このような症状の方はご相談ください

アレルギーといえば毎年春にスギ花粉症でお悩みの方が多いと思います。
アレルギーでは体の免疫が日常に周りにある物質(花粉やハウスダストなど)に過剰反応を起こします。近年になってアレルギーが増えてきていると言われています。理由ははっきりとはしないのですが、都会的な清潔な環境が一因といわれています。
アレルギー反応を起こすと、くしゃみ、鼻水や鼻づまり(鼻炎)や目のかゆみ(結膜炎)、咳や呼吸困難(喘息)、蕁麻疹や湿疹などの症状を起こします。鼻やのど、気管や肺は呼吸をするときに空気が通る共通の道であり、アレルギー性鼻炎や喘息といった病気も互いに影響を及ぼし合います。アレルギー性鼻炎の治療で喘息の発症リスクを下げられるとの報告もあります。
当院では以下のアレルギー疾患の診療が可能です。

  • 花粉症/アレルギー性鼻炎
  • 気管支喘息
  • アトピー性皮膚炎
  • アナフィラキシーへの対応
    (エピペン処方)

花粉症/アレルギー性鼻炎

原因・病態

花粉症/アレルギー性鼻炎

花粉症といえば毎年春になるスギ花粉症が有名です。
他にも春にはヒノキ、夏にはイネ科、秋にはブタクサ、ヨモギなどの花粉が原因となります。これらの花粉が原因となり、アレルギー性鼻炎や結膜炎を引き起こします。1年中鼻炎の症状があれば、ダニ(ハウスダスト)、カビ、ペットの毛によるアレルギーが考えられます。

治療について

生活環境の問診やアレルギー検査(RAST)で原因物質を調べていきます。
症状の治療として、軽度の症状で一般的に使われるのが抗ヒスタミン薬という飲み薬です。くしゃみや鼻水に効果が高いですが、鼻づまりにはあまり効きません。症状が強いときによく効くのは点鼻ステロイド(アラミストやナゾネックスなど)で、鼻づまりをはじめとする鼻炎の症状全般にとても有効です。ステロイドと聞くと副作用が心配になる方がいるかもしれませんが、現在のステロイド点鼻薬は全身への吸収がほとんどないため安全性が高いです。さらに症状がひどい場合は補助的に他の内服薬(ロイコトリエン拮抗薬)を併用することがあります。目のかゆみや涙に対しては点眼薬が有効です。
またスギとダニ(ハウスダスト)によるアレルギー性鼻炎には根本的な改善となり得る治療法があります。それが舌下免疫療法です。アレルギーを起こす物質を毎日ごく少量ずつ摂取して、少しずつ慣らすことで体の免疫反応を起こしづらくする治療です。すぐに効く治療では無く3年以上の継続が望ましいです。8割の方に効果があり、3割の方は薬がいらなくなるといわれています。花粉症の症状を少しでも緩和したい方、薬を減らしたい方、薬の眠気を避けたい受験生、将来妊娠した時に花粉症の症状が心配な方には良い選択肢となる治療法です。なお妊娠中に治療を開始することはできませんが、舌下免疫療法中に妊娠した場合は治療を継続できます。

舌下免疫療法

スギ花粉の舌下免疫療法
(シダキュア舌下錠剤)

スギ花粉症でアレルギー性鼻炎にお悩みの方が対象になります。アレルギーの原因となっているスギ花粉をごく少量ずつ毎日摂取することでアレルギーを起こし辛い体質を獲得する治療法です。スギ花粉の飛散時期に鼻炎症状があり、検査でスギ花粉に対するアレルギーが確認されれば治療が可能です。すぐに効果が出る治療ではなく、少なくとも年単位、3年以上の継続で効果が上がってきます。8割の方に効果がみられる治療法です。もちろん症状が辛い時には通常の花粉症治療薬との併用も可能です。薬の副作用は口や喉の痒みなど軽いものが多いです。お薬の自己負担は3割で月に1,500円程度です。当院ではスギアレルギーの舌下免疫療法を行っていますので、治療をご希望の方はご相談ください。ただ12月〜5月の花粉飛散期には治療を開始出来ませんのでご承知おきください。

ダニアレルギーの舌下免疫療法
(ミティキュア舌下錠)

ダニアレルギーは1年中鼻炎の原因になります。ダニはハウスダストの主な成分であり、湿った寝具やカーペットなどに多く含まれます。防ダニの布団カバー使用、まめな掃除機がけ、洗濯・乾燥などは良い対策です。しかしそれだけで効果が充分で無いことも多いです。ダニ舌下免疫療法はダニ抗原をごく少量ずつ毎日摂取することで、ダニへの免疫反応を根本的に抑えていく治療です。スギ花粉症の舌下免疫療法と同様で長期間の治療で効果が出てきます。お薬の自己負担は3割で月に2,000円程度です。当院では、ダニアレルギーの舌下免疫療法を行っておりますので、治療をご希望の方は、ご相談ください。

気管支喘息

原因・病態

気管支喘息

主にアレルギーを起こす物質(ダニ(ハウスダスト)など)によって起こされる気管支の慢性的炎症による病気です。炎症が起こると、咳や痰、ゼーゼーするといった発作症状がでます。放っておいて慢性的な炎症が続くと気管支が狭くなっていきます。

治療について

この炎症をコントロールするために最も効果的な治療はステロイド吸入治療です。治療が上手くいって症状が落ち着いていても治療を継続することが大切です。なぜかというと、症状がなくても気管支で炎症が起こっていることがあるからです。炎症が残っていると気管支が少しずつ硬く細くなって元に戻らなくなっていきます。
ステロイドと聞くと副作用が心配になる方もいるかもしれませんが、吸入ステロイド薬の副作用は効果に比して軽微なものです。例えば喘息をお持ちの妊婦さんは、コントロールが不十分であると周産期死亡率の増加や妊娠高血圧症候群、早産、胎児発育不全などの妊娠合併症の増加が知られています。吸入ステロイド薬で喘息をしっかりコントロールすることが大切です。気になる副作用ですが、吸入ステロイド(特にブデゾニド、商品名パルミコート)は妊娠中に使用してもほぼ安全であることが確認されています。つまりステロイド吸入の副作用よりも喘息の悪化の方が、母体と赤ちゃんにとっては危険ということです。
喘息に副鼻腔炎を合併している患者様はアスピリンや解熱鎮痛剤で喘息発作を誘発するリスクが高いため注意が必要です。煙草を吸っている方は禁煙しましょう。
同時にアレルギーの原因となっている物質の除去も積極的に考えます。ダニ(ハウスダスト)を通さない寝具(ミクロガードなど)は導入しやすいため、使用するのもよいでしょう。

アトピー性皮膚炎

原因・病態

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は、ほとんどが乳幼児期に発症します。アレルギー性鼻炎や喘息、食べ物アレルギーなど、他のアレルギー性疾患と合併していることも多いです。アトピー素因と言って身の回りの物質に免疫が過剰に反応しやすいことが一因です。痒くなると皮膚を掻いてしまうため皮膚炎が悪化します。皮膚炎が悪化すると、また痒くなって掻くという悪循環になってきます。我慢して掻かないようにしても、むしろストレスで痒くなってきます。悪循環を断つ治療が必要です。皮膚は外の環境や細菌やウィルスから体を守る大切な臓器ですから、皮膚が荒れた状態では細菌などが体へ侵入しやすくなってきます。

治療について

アトピー性皮膚炎の治療には主にステロイド外用薬と保湿剤を用います。まずはステロイド外用薬を短期的に充分量を用いて皮膚炎を改善させていきます。ステロイドというと副作用が心配になると思いますが、短期間で問題になることはほとんどありません。短期的にしっかり使って、良い状態にすることが重要です。皮膚炎で痒いから掻いてしまう訳ですから、その連鎖を止めてあげないといつまでも続いてしまいます。十分な改善が得られたらステロイド外用薬の頻度を減らして行って、保湿剤をメインにしていきます。保湿剤は入浴後に軽く体の水分を拭き取って、水分が蒸発しないうちに蓋をするイメージで十分量を塗布すると効果的です。
改善が得られた後も、良い状態を維持するためにステロイドの塗り薬を週末だけ使用する治療(プロアクティブセラピー)を続けましょう。

ステロイド外用薬などの治療でも、改善が乏しいアレルギー性皮膚炎の方には注射薬のデュピクセント(IL4,IL-13の阻害薬)が有効です。2週間に1回の皮下注射のお薬です。自己注射が可能です。3割負担で月に約4万円の薬価の高額な薬剤ですが、有効性は非常に高いです。気になる方は、お気軽にご相談ください。

アナフィラキシーへの対応(エピペン処方)

治療について

蜂の毒や食物、薬剤によるアレルギーは時に重症化します。
アナフィラキシーでは非常に強いアレルギー反応が全身に起こります。
蕁麻疹で痒い、呼吸が苦しい、血圧が下がって意識が無くなったりなど、放っておくと死に至ることもあります。アナフィラキシーに対する特効薬は、早期のエピネフリン(=アドレナリン、エピペン)の筋肉注射です。当院では、アナフィラキシーのリスクのある方へのエピペンの処方を行っています。お気軽にご相談ください。